流通経路が明確な
厳選した食材

私たちが提供する食事をお客さまに安心して食べていただくために、オリジン東秀ではバイヤーが選びぬいた食材を使用しています。契約している国内外の農場や肉や魚の産地、加工所にもたびたび出向き、目での確認も行っていきます。多くの店舗でたくさんの種類の食事を提供するために扱う食品はかなりの量になりますが、すべての食材は流通経路が明らかなものばかりです。また、旬の食材は美味しく、リーズナブルに提供できるので、産地によって微妙に異なる収穫時期を把握し、各地から一番美味しい状態で仕入れるなど、日々努力を重ねています。
グリーンファーム

栄養成分・アレルゲンについて

店舗で調理・販売している商品のアレルゲンは、卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かにの「特定原材料7品目」、推奨表示とされる「特定原材料に準ずるもの20品目」と魚醤(魚介類)をHP上で確認できます。また、キッチンオリジンなど、テイクアウトの商品を選んでいただく店舗では、商品毎に掲示しているプライスカード、商品に貼付されている一括表示ラベルにも記載がありますので、商品選びにご活用ください。さらに、お客さまサービス部(フリーダイヤル0120-24-0424)でもお調べ致しますので、お問い合わせください。

自社工場での安心・安全管理

山梨県上野原市にある自社工場では、お弁当やお惣菜のタレ、餃子や鶏肉その他畜肉の加工等、店舗で使用する食材を製造しています。当工場は、安全な製品を製造することを第一としており、FSSC22000を取得しております。また、工場内に試験室を設け、製造した製品の安全性を日々確認しております。
上野原工場

安全性を追求する食材検査

オリジン東秀では、上野原工場に検査室を設け、食材の微生物検査、理化学検査を行うことで、安全性を確認しています。また、商品開発においては、店舗と同じ環境で実際に調理をした商品・食材の安全性をイオングループの検査機関にて確認をしています。自社だけでなく、外部の「目」でも確認することで、より安全な商品をご提供できると考えています。自社基準をクリアしたものだけをご提供しています。店舗ではこのような検査の結果を踏まえ、徹底した管理を行っています。

安全のための
4つの期限管理

商品が美味しく食べられる「賞味期限」、安心して食べられる「消費期限」のほかに、オリジン東秀では、食材が使用できる「使用期限」、お客さまが購入可能な「販売期限」を設けています。「販売期限」は、お買い上げいただいた商品が2時間以内に消費期限を超えないように設定し、従業員が消費期限2時間前に商品を売り場から下げています。また「販売期限」切れの商品はレジでも管理し、販売できない管理体制をとっています。

「美味しい」を守る
店舗の衛生管理

お客さまに安心してお店をご利用いただくために、食品衛生における「7S(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・清潔・躾)」を中心とした衛生管理指導に注力しています。また、従業員は出勤時に健康チェックを行い、店舗では、時間帯毎による調理設備の温度、調理器具の点検、食材・商品の期限確認を実施しています。従業員は入社時に必ず衛生管理に関する研修を受け、入社後も定期的に研修を受けています。さらに、年2回、外部委託による店舗衛生監査を実施、さらなる向上に努めています。

*写真はイメージです。