オリジン東秀の味を守る自社工場

山梨県上野原市にある自社工場は、オリジン東秀のすべての商品を支えています。味の決め手である調味料類の製造や店舗で調理がしやすいように食材を加工するのはもちろん、メニュー開発、安全管理の要ともなっています。

美味しさ支える自社工場
(上野原)

山梨県上野原市にある自社工場では、お弁当やお惣菜のタレや調味料、人気の定番メニューの餃子、鶏肉その他畜肉の加工など、店舗で使用する食材を製造しています。お取引さまとも連携しながら、オリジン東秀のどの店舗でも、いつもの「美味しい」を味わっていただける、味の決め手の多くをここで支えています。

自社工場だからできる
旬を逃さない迅速な商品開発

旬の食材や、流行りの食材を使ったメニュー開発、既存メニューの味の向上などの中心となるのが、この上野原工場です。自社工場なので、開発に関わるスタッフとの連携もスムーズ、検査を含めお客さまのニーズに合わせ柔軟な商品化が可能です。「今、食べたい」に応える、月に2回登場する新しいメニューはここで生まれています。

お客さまのために工場ができること

オリジン東秀は、美味しく召し上がっていただくために店内調理、直前調理を行っていますが、オーダー弁当などでは、スピーディーな調理も求められます。そこで、店舗で調理した方が美味しい工程は店舗で行い、工場で時間をかけて仕込むことで美味しさが増すもの、食材をより生かすものは工場で処理・作業を行い、そのバランスを重視しています。工場で製造する生餃子、肉メニューの下味加工など、お客さまに、いつもの美味しさを味わっていただけるように、工場でできることも大切にしています。

自社工場での安心・安全管理

当工場では、より安全で安心な食品を製造するために、国際標準規格であるISO22000の登録認証をされているだけなく、ISO22000の上位規格であるFSSC22000を2015年2月に取得し、さらに安全・安心を追及した製造・管理・運営を行っています。また検査室において食材・商品の検査も実施しています。食材、商品を多くの店舗に届ける役割を担い、どこよりも徹底した管理で、安心・安全を最優先した取り組みを行っています。お取引さまにおいても、同様の取り組みを一緒に行っています。

*写真はイメージです。