安心・安全への取り組み

お客さまに「安全」と「健康」をお届けする。
安心な食事を提供することが、オリジン東秀のゆるぎない信念です。
店内で調理して「できたて」「てづくり」の温かみのある美味しさにこだわり続ける。
それは「店舗の厨房はお客さまの台所」と考え、家族のために調理する思いやりの心を大切にしたいと考えているからです。

自社工場の安心・安全の管理体制

山梨県上野原市にある自社工場。お弁当やお惣菜のタレ、餃子やコロッケ、若鶏の唐揚げの漬け込み等、店舗で使用する食材を製造しています。

当工場では、より安全で安心な食品を製造する為に、国際標準規格であるISO22000の登録認証をされているだけなく、ISO22000の上位規格であるFSSC22000を2015年2月に取得し、さらに安全・安心を追及した製造・管理・運営を行っています。

お取引様においても同様に、安心・安全を最優先した取り組みを行っています。

食材の流通経路を明確に

当社では、お客さまに安心してお召し上がりいただけるように、食材ごとに流通経路を明確にし、管理しています。

厳格な食材期限管理と消費期限管理

当社では、食材の微生物検査を行うことで安全性を確認し、全ての食材に使用期限を設定し、管理を行っています。

また、店舗で作成している商品には作成時間と消費期限を設定し、消費期限の2時間前を販売可能期限と決めて管理し、販売期限を過ぎた商品は、POSレジで会計できない仕組みとなっています。

栄養成分・アレルゲンの表示

当社では、商品を選ぶ際の参考にしていただく為にエネルギー(カロリー)の他、タンパク質、脂質、炭水化物、ナトリウム、食塩相当量を表示しています。

また、安心してお召しあがりいただけるように、アレルゲンについては、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生の「特定原材料7品目」、表示推奨とされる「特定原材料に準ずるもの20品目」と魚介類を表示しています。

保存料・合成着色料を使用しないこと

当社の商品は、保存料・合成着色料を使用しておりません。お客さまに安心・安全をお届けするのはもちろんのこと、素材本来の色や味をお楽しみいただくことができます。

店舗の衛生管理について

店舗での衛生管理は、法令に基づいた自社基準を設け、機器等の温度確認、調理設備の点検、従業員の健康チェック、食材の期限管理など、衛生管理項目を毎日、時間帯毎に確認しています。
さらに外部の検査機関にもご協力いただき、毎年の店舗衛生検査を実施しています。